2010年07月07日

乗り物設備や携帯できる特殊なトイレ

バスの車内トイレ、乗客サービスの向上が目的だが、その一方で、車内にトイレや飲料水(コーヒーなどのサービス)を設置して、長距離運転中の休憩所などで休息をとっていない乗組員の交代などに停車することはあっても、乗客は車の外に出さないことを前提に運行し、乗組員の面倒(出発時間を顧客に伝えるからあたりの人数を確認しているサービスエリアで車の外からのお客様の事故への注意など)を緩和する側面もある。同じ路線でも、他のバス車両が運行されているのは珍しいことではなく、あてがわれた車によって取り扱いが異なる場合も珍しくない。また、長距離バスは、2つ以上の1つの路線を務める。 "共同運行"の形をが多いが、このような場合、どの会社のバスか?も取り扱いが異なることができます。 長距離バスの車内にトイレがあるというお客様には、一般的に利便性の向上である一方で、狭い車内の通路、通路側の乗客に迷惑をかけながら、常に人が行き来するので、夜行バスで睡眠の妨げになることもある。その程度の場合は、特定の集中する時間帯(すなわち、サービスエリアなどに停車中)に、"トイレ休憩だ"と紹介して一斉に乗客が動くのが最終的にはゆっくりはできるという説もある。おそらくこれは、バス旅行の間に睡眠におちるが停車すると、異常に目がさめてという人が少なくないことにも関係していると思われる。 フェリーのトイレもそのまま海に流してしまうタイプがあり、この場合は、港の悪臭、水質汚染の原因となる。 最近では携帯トイレというものも商品化している。方法は非常に簡単で、特殊な加工を実施して袋に排泄物凝固の薬剤を混ぜてゴミとして廃棄する。主な用途は自動車利用中の渋滞、トイレ対策であり、大抵は小用に使用する。登山、アウトドア用と緊急時のためのも、これらは小便のほかの大便にも利用できる。最近では、一部の登山家によって自主的にこの携帯トイレを使用する練習をしていますが、全体から見れば、まだ普及していないのが事実である。アウトドアではトイレ付き、大規模なものや、トイレのテントも商品化している。
posted by sashimigraphy at 18:14| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。