2010年07月06日

街の公衆便所は原則として有料

トルコでは、一般的に公衆トイレは有料で、2009年現在のイスタンブールで公衆便所の使用料金は、0.5〜1トルコリラである。また、地域に限定せず、ジャーミー(camii:モスク)のトイレを公衆トイレに有料で利用可能な場合が多い。そのため、遠くもよく見えジャーミーのミナレットを目標とすると、多くの場合、一緒に公衆トイレに行くことができます。 このトイレは、手を拭くために紙を使用すると、無料で配信される場合もある。また、素手で肛門を洗浄するのが一般的に有料トイレのほぼすべてのトイレの場所には、石鹸が設置されている。また、サービスが良い、一部のトイレではコロンヤ(kolonya:トルコのコロンのレモンの香りがすることがほとんどで、約80%のアルコールと香料ですることができ、消毒効果がある)を手根与えることができ、必要な場合にのみ、コロンヤを提供してくれるトイレもある。トルコ式トイレは、西ヨーロッパでは、田園などのトイレでもよく見える。 日本では、この便器をモチーフにした製品を一度スターライト販売が生産していた。黒いプラスチック製のたらいの足場を設けたような風貌で便器全体を洗浄することは非常に画期的な便器であった。かつて国鉄の主要駅や全国の公衆便所でみられたが現存数は少ない。 また、エジプトやヨルダンなどアラブ世界やタイなどの東南アジアの便所にも、上記のトルコの便所とほぼ同様の形や状態であり、街の公衆便所は原則として有料である。外国人のための高級ホテル内のトイレは、日本の洋式トイレとほぼ同様の形態である、日本のような温水洗浄便座は、高級ホテルでも見ることができない。 ヨーロッパの便所ローマ帝国の滅亡後、インフラの劣化、中世ヨーロッパの都市では、部屋の出窓のように拡張された一角で、目隠しのついたてなどの中でトイレを使用して、排泄物は"水!気をつけて"声を出してから窓からの距離を投げ与えた。そのため、路地の汚物で衣裳の裾が汚染されないように、オーバーシューズとハイヒールが発明され、通りから建物の中に入るために段差をつけ、のような習慣が始まったとする。
posted by sashimigraphy at 15:07| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。